スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FP Radio vol.5

Revenge-Logo-Badge-BlackWeb.jpg

今月来日も決まっているThe Revengeの音源にとにかくはまっている…。
BPM100前後のスローなエディット・ディスコを量産していて、ピッチダウンしてドロドロになったサンプルの生々しさと、執拗なリフレインがとにかく病み付きになる。そんな同じグラズゴーのAliooftとのOOFT!、Craig Smithとの6th Borough Projectなどの名義を使い分ける彼の音源を中心にmixを作ってみた。BPM90からいってみよう。



Fashion Police Radio Show vol.5 "why don't u slow down? - The Revenge Special"

6th Borough Project - Slow Down Baby
Andy Ash - Never Give You Up
6th Borough Project - How Can I Show You
Craig Smith / The Revenge - Estraged Lover
The Revenge - Curtis
Greg Wilson - Belgian Jungle
Duff Disco - Return Of The Duff
6th Borough Project - Mclovin'
OOFT! - Movin'
6th Borough Project - Do It To The Max
6th Borough Project - Stratus Quo
Todd Terje - Dub Like An Egyptian
The Revenge - Looking Up To You
The Revenge - This Sound
Banbarra - Shack Up (The Revenge Rework)
Melba Moore - Love's Comin' At Ya (OOFT! Rework)
The Revenge - Get Up On It

- End of the mix - ダウンロードはここから
スポンサーサイト

Deutsche Elektronische Musik

先月の話題ではあるけど、SOUL JAZZ RECORDSから興味深いCDが発売された。
『Deutsche Elektronische Musik ― Experimental German Rock and Electronic Music 1972-83』
Deutsche Elektronische Musik

いまのDJシーンは、一つのジャンルに固執するのではなく、一晩でいくつのジャンル、要素、あわよくばBPMを、実験的精神をもっていかに交叉させるかとゆうのが主な関心ではないでしょうか。2000年に入ってから、再発盤ブームだったり、音源のデータ化が進む中で過去のレアでマニアックな音源が手軽に入手できるようになり、同時に「レア」で「マニアック」などという言葉は無意味となってしまったし、「xx年代リバイバル」、「エディット」は、古い曲新しい曲の境を、微妙な差異を保ちながらも、不明瞭にしていることから、今のDJシーンを甚だしくもこのCDのテーマでもある(?)「ゼロ・アワー」と呼んでみたい気がする。

Deutsche Elektronische Musik2

最後にこれは手前味噌ですが…
Holger Czukay -Ode to Perfume(re-edit) by Fashion Police
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。